一般財団法人大阪湾ベイエリア開発推進機構
spacer
イベント ベイ機構について なぎさ海道推進事業 広報誌O-BAY リンク集
ベイエリア開発整備 開発整備への提言 研究調査 ベイエリアの基礎調査 自治体不動産情報
ベイエリアの基礎データ
spacer
2 人口
人口〔エクセルデータ:148KB
spacer
(1)常住人口
spacer
大阪湾臨海地域では、阪神淡路大震災の影響で平成7年に一時的に減少したが、それ以降は増加傾向にある。
世帯数は一貫して増加傾向にあり、1世帯当たりの人口が減少し、核家族化が進んでいることが推察される。
地域別に見ると、神戸市中心部及び大阪市中心部が増加傾向にあり、人口の都心回帰が見られる。一方、和歌山地域では日高町を除いて、減少傾向にある。(下図参照)
spacer
図 常住人口及び世帯数の推移
大阪湾臨海地域
大阪湾臨海地域のグラフ
近畿圏
近畿圏のグラフ
全国
全国のグラフ
資料:国勢調査
注)単位:千人・千世帯
  棒グラフ:常住人口・折れ線グラフ:世帯数
  近畿圏:福井県・三重県・滋賀県・京都府・大阪府・兵庫県・奈良県及び和歌山県の2府6県(以下同様)
spacer
図 市町区別の常住人口の平成17年から平成22年にかけての増減率
市町区別の常住人口の増減率図
spacer
(2)昼間人口
spacer
大阪湾臨海地域及び近畿圏では平成12年から減少傾向である。
地域別に見ると、神戸市、阪神地域、大阪市外延部、泉州地域の一部は増加傾向にある。(下図参照)
spacer
図 昼間人口の推移
大阪湾臨海地域
大阪湾臨海地域のグラフ
近畿圏
近畿圏のグラフ
全国
全国のグラフ
資料:国勢調査
注)単位:千人
spacer
図 市町区別の昼間人口の平成17年から平成22年にかけての増減率
市町区別の昼間人口の増減率図
spacer
(3)人口移動
spacer
平成7年は阪神淡路大震災等の影響で著しい社会減少となった。自然増減は、平成12年から減少傾向にある。
地域別に見ると、神戸市中心部、阪神地域、大阪市中心部、堺市で増加傾向にあり、特に大阪市の北区や中央区等への人口の都心回帰が見られる。一方、東播磨地域、淡路地域、和歌山地域では転出超過の傾向にある。(下図参照)
spacer
図 大阪湾臨海地域の人口の社会移動の推移
人口移動の推移グラフ
資料:住民基本台帳に基づく人口、人口動態及び世帯数調査
注)単位:千人
  棒グラフ 黒:自然増減(出生数-死亡数)
       白:社会増減(転入者数-転出者数)
spacer
図 平成22年度の市町区別の人口の社会増減
市町区別の人口の社会増減図
spacer
line
このページの先頭へ
spacer
問い合わせ ENGLISH サイトマップ HOME
spacer
spacer spacerspacer
ベイエリアの基礎データ
■現況基礎データ
対象地域 1 面積 2 人口 3 産業 4 港湾 5 交通 6 空港 7 立地動向 一括ダウンロード〔PDF:6.98MB〕
spacer
■計画情報
広域計画 社会資本整備 港湾 交通 土地利用 府県・政令市計画
spacer
Get ADOBE READER
spacer
※PDFをご覧頂くには、 「アドビ
Reader」が必要です。お持ちでな
い方は、こちらのページよりダウン
ロードしてください。(無償)
サイトマップ ENGLISH お問合せ 一般財団法人大阪湾ベイエリア開発推進機構トップへ